シイヤマ水産ではトラフグをはじめ、魚の養殖販売を行っております。長崎県鷹島町、玄界灘より新鮮な魚をお届けします。

   

 
 
 
 
 
伊万里湾に浮かぶ長崎県鷹島町の外海は玄界灘に面しており、「ふぐ」の育成には最適な環境です。良好な環境で育てられた鷹島の「トラフグ」は、その姿・肉質共に優れ、市場においても日本一の評価を受けています。
シイヤマ水産では、生産からお客様への提供までを、全て自社で管理。
「安全」「安心」「安定」のシイヤマ水産です。
栄養素
 

 
ふぐの皮やくちばしはほとんどゼラチン質でこれは良質なコラーゲンの塊です。
特に、とらふぐの表皮の下にある真皮と呼ばれる部分はコラーゲンが多く含まれており、コラーゲンは、私たちの体を構成するタンパク質の3分の1を占めており、皮膚、骨、関節の軟骨、骨と筋肉をつなぐ腱、歯、歯茎、血管などあらゆるところに存在しています。
 
様々な働きをするコラーゲンをとらふぐから摂取!
コラーゲンは肌に潤いを与えたり、骨の中のコラーゲンはカルシウムやリンの「つなぎ」のような働きをし、骨を強くてしなやかに保ちます。
水晶体や角膜なども、コラーゲンによってハリを保っています。常にコラーゲンを補給すれば、老眼などの予防も期待できます。
 
  コラーゲンは体を構成する基本的な成分ですが、年をとると体内で合成する力が衰えますので、適度に摂取することにより、それぞれの部位においては常に若々しさを保つことにつながります。 低脂肪、高コラーゲン、高蛋白のトラフグは美容にも最適です。
 
トラフグ(100g中)の栄養価
熱量(カロリー)
85kcal
タンパク質
19.3g
ビタミンD
4μg
脂質
0.3g
ビタミンE
0.8mg
炭水化物
0.2g
ビタミンK
0μg
βカロテン
0μg
亜鉛
0.9mg
レチノール
3μg
カリウム
430mg
ビタミンB1
0.06mg
カルシウム
6mg
ビタミンB2
0.21mg
0.2mg
ナイアシン
5.9mg
0.02mg
パントテン酸
0.36mg
マグネシウム
25mg
ビタミンB6
0.45mg
マンガン
0.01mg
葉酸
3μg
リン
250mg
ビタミンB12
1.9μg
食物繊維
0g
ビタミンC
微量
コレステロール
65mg
育つまで
 
 
 
(1)とらふぐ稚魚の購入(5月)
長崎県内の業者より稚魚を購入します。購入した稚魚は体長5センチほどでまだ小さいものです。
 
(2)イカダに入れる
その後、稚魚は洋上のイカダに移し替えられます。
イカダに入れられたとらふぐは大切に育てられ、養殖業者は天候・水温などを確認し、とらふぐが健康であるよう新鮮なエサを与えています。特に冷凍されたエサは当日中に与えるなどの配慮をしています。また、網替えや網の手入れを行ない、密殖しないように心がけています。
 
(3)1年半後に水揚げ(翌年の10月〜3月末)
大切に育てられたとらふぐは、水揚げされるときは体長40〜60センチ(1.0kg〜1.5kg)まで成長しています。とらふぐを傷つけないように、洋上のいかだを港まで移動し、そのまま手作業で運搬車に移し替えます。
 
(4)全国各地に出荷
主に九州北部地方や、関西地区に向けて出荷されます。自社の運搬車により迅速丁寧に新鮮なままの魚をお届けします。